瀬戸内海を眺めて暮らせれば、いつもと違う風景が待っています。

瀬戸内海を眺めて暮らせる家

瀬戸内海は日本の中でも有名な観光地です。旅行などで多くの人が訪れたことがあるのではないでしょうか。歴史もあるため日本人には古くから愛されている海でもあります。海の幸などで人々の生活を支えている大きな存在です。観光地は住みにくいなどのイメージがあったり、物価的に高いイメージを考える人もいますが、そこに住んでいくことも十分可能です。観光地に住むと、日常ではあまり見慣れない風景を最初に感じることができるというメリットがあります。そのためとても新鮮な気持ちになれるでしょう。その新鮮さに多くの人が魅力を感じるのではないでしょうか。現実にそこに住んでみればその魅力もわかってくるでしょう。

また観光地に住むと今までとは違った見方ができるようになっていきます。海を見ながらの暮らしはある意味、多くの人にとって感じたことのない生活になるのではないでしょうか。ここでは瀬戸内海の紹介とともに、開放的な景色を見ながらの暮らしがどのようなものなのかを紹介したいと思います。観光地として楽しかったということで、気に入ってしまい移住している人もいます。しかし観光地に住む為には大きな行動力が必要となってくるでしょう。住もうと思ったら早めに決断をして、新しい土地を求めにいくのが良いのではないでしょうか。

瀬戸内海を眺めて暮らせる家

坂道と猫の町、尾道にわが家を構える

坂道と家が作る雰囲気を感じていくのも良いでしょう。

ポニョ、龍馬で話題の鞆の浦に住んでみる

ポニョ、龍馬で話題の鞆の浦に住むことについて紹介します。

Category

  • 坂道と猫の町、尾道にわが家を構える
    • 林芙美子ら文人墨客が愛した町
    • 千光寺からの眺めは最高
    • 猫の細道で迷子になろう
    • 高齢化で空き家が増えている
    • 徒歩でしか通れない道や階段
    • 海岸沿いにも素敵な古民家が
    • 潮の香りとともに暮らす一年
  • ポニョ、龍馬で話題の鞆の浦に住んでみる
    • ポニョのモデルになった家
    • 高台からの眺めで癒しの毎日
    • 個性的なショップがいっぱい
    • 新幹線の止まる福山駅からバスで30分
    • 江戸時代の港がそのままの風情を散策
    • 鞆の名物保命酒を飲んで健康美人に
    • ゆかりの宿や資料館で龍馬に迫る